会社で出世する方法

東証一部上場企業の元幹部二人がお届けする、会社組織で悩みを抱えてる人の問題を解決していきます。

ブランド・コアって?

1月28日(木)

こんにちは、inoです^^

今日、1月28日は何の日?

 

「コピーライターの日」だそうです。

1956(昭和31)年、「万国著作権条約」が公布されました。
この条約で、著作物にCopyright(著作権)の頭文字Cを丸で囲んだ記号を

附記することが定められたことから、

「コピーライト」を「コピーライター」にひっかけて。

その他 ◎ダンスパーティーの日 ◎宇宙からの警告の日  などなど、

すべてご紹介出来ず申し訳ないですが、「今日は何の日?」でした^ ^ 

※NAVERまとめ参照

 

さて、今日のタイトルは「ブランド・コアって?」です。

先日のお約束通り、ちょっとマーケティング^ ^

 

その業界でお仕事にさせている方はご存知の言葉かと思いますが、

少しお付き合いくださいね^ ^

 

後輩が読んでいた本にわかり易い例が出てましたので、ちょっとご紹介。

※参考文献 ディスカヴァー・トゥエンティワン「ここからはじめる実践マーケティング入門」

 

ハーゲンダッツ Haagen-Dazs

誰でも知ってるアイスクリームメーカー(ブランド)ですね。

 

私、マカデミアナッツが好きです!

昔はお店でこれにココナッツをトッピングしてね〜^ ^

小学校6年くらいかな〜、初めて食べたときの感動ったら!

そんな話はおいといて、、、

 

ブランド・コア です

 

私もこの本を見て思い出したのですが、このハーゲンダッツで、

10年程前に話題になった商品があるんです。

 

”Shall we Haagen-Dazs?”   

聞き覚えある方も?

 

その本で紹介されていた10年ほど前のハーゲンダッツのブランド・コアです。

 

Intimacy(親密)

Pure Pleasure(純粋な至福)

Nirvana(超脱・夢・願望)

 

ブランド・コアとは、

「ブランドのエッセンスを抽出したもの」と書いてありました。

「これがなければ、そのブランドだとはいえない」というものとも書いてありました。

 

当時、このハーゲンダッツのフローズンヨーグルトが話題になったのですが、

商品自体、それまでのヨーグルトのイメージを覆すまったく新しいものでした。

覚えてますもんね。私的には「高級」なイメージかな?

そしてCMも記憶に残るインパクトのあるものでした。

男女が絡み合い、男の人が女の人にスプーンで食べさせるというもの。まさにオトナ!

 

言われてみれば、確かにブランド・コアと通ずる広告でした。

 

親密さを感じさせる表現、

口にしたときに美味しいと思う純粋な至福、

そして、官能的な喜び。

ブランド・コアと商品、そしてプロモーション展開が一致している

良い事例だと思いました。

 

この本、他にもわかり易い事例が交えながら解説が進んでいくので、

特に新人さんに良いと思いますよ^ ^

 

ではまた次回!

↓参考にしていただけましたらポチっと応援よろしくです!↓

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
マーケティング・経営 ブログランキングへ

広告を非表示にする