会社で出世する方法

東証一部上場企業の元幹部二人がお届けする、会社組織で悩みを抱えてる人の問題を解決していきます。

あいつができるからみんなもできる?

こんにちは、sanです。

 

サッカー日本代表が無事最終予選に進みましたね。

まぁ、ここまでは当然でしょう。あとは確実にW杯に進めるように準備してほしいですね。

 

今でこそW杯に出るのは当たり前の風潮がありますが、小さい頃から見ている私には、いまだに日本代表がW杯に出ること自体すごい事だと思っています。

ましてやW杯で優勝なんて、まったくイメージできません。期待も応援もしますが、負けたからといって強い批判をすることはありません。

 

なぜなら、世界に比べたら「まだまだ全然弱い」からです。

 

FIFAランキングだって50〜60位ですからね。アジア予選を突破するのもギリギリです。

この現実があるのに、負けたからといってなぜ批判が出てくるのでしょうか?

日本代表はブラジル代表やドイツ代表ではありません。

あくまでも日本代表です。日本から見れば世界は格上だらけです。

 

「なんであれができないかな〜」

「1対1でもっと勝負しないと!」

「体型が近いメキシコのようなサッカーをすればいいのに」

 

いろいろありますね。でも出来ないものは出来ないんです。

世界はそんなに甘くありません。そう簡単に真似はできません。

 

そして、私が最も嫌いな理論がまさにこれです。

「あいつができるんだからみんなもできる」

 

みなさんも仕事で耳にしたことはありませんか?

 

例えば営業マンが10人いて目標達成者が1人だった場合、なぜ達成できなかったのかという話しよりも、「達成できる奴がいるんだから絶対できる」という話しで終わらせる人がいます。

 

そんなことしか言えないチームリーダーでは、営業マンの心は動きませんね。

これだけで、みんなのやる気を出させる事はできません。

 

私から言わせれば、

「ボルトが100m9秒台で走れるんだから、頑張れば走れる!」と言ってるのと同じ事です。

 

チームリーダーの動かし方で個人成績は上がる

一番成績の良いAと一番できないZがいた場合、

①Aはすべての社員に「ここまでできる奴がいる」という可能性を示すことができます。だから、「Aのようにできる奴もいる」というコメントをするのはOKです。

可能性を広げる=まわりに対して、諦める気持ち(妥協)を抑え、奮い立たせる効果があるからです。

 

↓ でもこれだけではダメです。

 

一番成績の良いAでもダメなところがあり、逆に成績の上がらないZの方が優れているところが必ずあるので(本当に小さなことでも良いので見つける)、Zを持ち上げてAを落とすことも必要です。

Aは悔しがり、Zはモチベーションがあがり、その間にいるB~Yの自主性を引き出す効果があります。

※その後、Aにはしっかりフォローし、Zには勘違いしないようにさせること。

 

 

①の場合は、たしかにAは可能性を示していますが、そればかりだと

「どうせAだからできるんだ」

という気持ちが芽生えるメンバーも出てきて、逆効果になることもあります。

 

②の場合は、「Aでもダメなところがあるんだ」という安心感がA以外の社員に自信を持たせ、

「やってやろう!」という気持ちにさせる効果があり、逆に「Zでも褒められることがあるんだな」という気持ちが悔しさを招き、「俺も褒められたい!」という気持ちにさせる効果があります。

 

この「やってやろう!」と「褒められたい!」はイコールで、どちらも自主性に繋がります。

 

※あくまでもおまけですが、これを実行することによって、「この人良く見てるんだな~」という信頼を高める効果もあります。

②に付随して、全社員の個々の良い所を指摘してあげ、自覚させるとさらに良いです。

 

 

自主性を引き出すことが大事

①はAがまわりに緊張感を与える役割を果たし、できないZが安心感を与えています。

この場合の緊張感はこちらから与えているもので、それがキツイと感じてくると自分が安心できる材料を探し始め、Zを見て安心感を得ようとします。

人は皆、自分より出来ない人を見ると安心しますからね。

 

②はAの存在が逆に安心感を与え、できないけど褒められたZが緊張感を与えています。

この場合の緊張感はZが与えてるわけではなく、各自が感じたものです。

それを、「Aにも勝てるところがある」という安心感(自信)がさらに動きを加速させるのです。

 

いろいろなメンバーを主役にさせることで、それぞれの自主性が引き出されていきます。

 

そしてチームを動かすチームリーダーは、課員の自主性を引き出すことこそが目標達成の近道なのです。

 

仕事はやらされてる感が出ると、良い結果は生まれません。

 

↓↓↓少しでも参考になった方はポチっとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

広告を非表示にする