会社で出世する方法

東証一部上場企業の元幹部二人がお届けする、会社組織で悩みを抱えてる人の問題を解決していきます。

会社のために働いてはいけない

会社のために働くな。

自分が犠牲になるつもりで勤めたり、

物を作ったりする人間がいるはずない。
だから、会社の為などと言わず、
自分の為に働け。
 
 
こんにちは、sanです。
上記は本田宗一郎氏の言葉です。
 
皆さん、会社が好きですか?
仲間が好きですか? 仕事内容が好きですか?
 
「会社が大好きなんです!」
という社員がいたら上司はかわいく思うでしょう。
でもそれは、2、3年の話です。
いや、今はスピードが早いので、可愛がられるのは半年か1年くらいでしょう。
 
仕事の成果が低ければ、
「あいつは良い奴なんだけどイマイチだな〜。雑用で使うしかないか〜。」
と思われるようになり、そのうち、
「あいつ使えないな〜。会社を好きじゃなくていいから成果出してほしいわ〜。」
となります。
 
そうです。これが会社なのです。
 
 
私は新人研修の時に必ず、
「会社のために働くな。自分のために働け!」
と言ってきました。
 
これは、会社を批判したくて言ってるのではありません。
社会に出たら、自分の事は自分で守れるだけの力をつけないといけないからです。
損得の話ではありません。
 
また、会社のために働くという意識を持ってると視野が狭くなります。
視野が狭くなると心と思考も狭くなります。
さらに、実際の貢献度が低くても、
"会社のために頑張ってる”と思っている分、勝手に自分の貢献度を上げてしまいます。
 
するとどうなるでしょう?
仕事でちょっと嫌な事があると「会社に裏切られた」という感情が普通の人より加速度的に上がっていくのです。
結果、離職率が高まります。
 
 
どこでも通用する人間になれるように、自分のために頑張る
   ↓
志が高いので成果が出る
   ↓
結果的に会社に貢献する
 
これが正解です。
会社が好き=貢献度が高いではありません。
結果的に、会社のために頑張ってる人より、自分のために頑張ってる人の方がビジネスマンとして成長が早いのと、仕事ができる人が多いです。
それは、責任感を持って自分の頭で考えて行動する機会が多いからです。
 
 
会社がどんなに「人の中身を一番に重視する」と言っていたとしても、
それは建前で、会社は最終的に、
会社が好きな社員より貢献度が高い社員を評価します。
↓本音と建前はこちら
 
会社のために働いてもろくな事がありません。
自分にとっても会社にとってもマイナスです。
 
もしあなたの身近に、
「会社のために頑張れ!」
という上司がいたら、そんな奴の言う事を聞いてはいけません。
 
 
まぁ、でも一番良いのは、
「会社も仲間も最高!仕事も超楽しいし、給与も大満足!」
という状態ですけどね(笑)
 
↓↓↓少しでも共感していただけたらポチっとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

広告を非表示にする