読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社で出世する方法

東証一部上場企業の元幹部二人がお届けする、会社組織で悩みを抱えてる人の問題を解決していきます。

no pain, no gain

モチベーション

こんにちは、sanです。

ブログの更新がだいぶご無沙汰になってしまいました。

 

決してサボっていた訳ではありません。

勉強強化期間だったので、この3ヶ月はガッツリ勉強してました(^_^)

落ち着いたので、これからはしっかり更新していきます。

 

 

さて、いつの間にかオリンピックも終盤にさしかかってますね。

スポーツ大好きな私にはたまらないイベントですが、思う様に時間が合わないのであまり見れてません。

 

日本勢は健闘していますね。

そう言えば、張本さんが卓球の水谷選手のガッツポーズに「喝!」を入れてましたが、個人的には全然良いのにと思います。

今までの苦労が報われた結果の「よっしゃー!」でしょう。

これは自然に出てしまいますね。

 

見ているこちらも不快な思いなんかしません。

テレビで見てる人も「よっしゃー!」と叫んだことでしょう。

 

あれこそスポーツの醍醐味ですね。

アスリートは本当に尊敬します。

そして今日の本題はこちらです。

 

「no pain, no gain」

 

アスリート用語です。

意味は、「苦労なくして得るものなし」です。

 

これはスポーツに限らず、どんな世界でも一緒ですね。

 

スポーツ選手は身体で感じることができるので、1週間サボったらどんな事になるかを知っています。

その努力がどう結びつくかもイメージできます。

 

しかし我々ビジネスマンは「成長」や「退化」を即座に実感する事は難しいですね。

だからと言って、何もしないで成長できるわけがないのは分かってます。

 

「たくさんお金がほしい、でも仕事はしたくない」が通用するわけないのはみんな知っています。

 

 

何かを得ようと思ったら、何かを犠牲にしなければなりません。

やりたい事があったら努力しなくてはいけません。

 

 

アスリートのようにメダルがもらえるわけではないので実感は湧きにくいですが、それでも今やっているオリンピックは4年間苦労した結果、得られる喜びです。

 

それに比べたら、我々は4年間も必要ありません。

 

まずは1週間、ガムシャラにやってみましょう。

何も結果が出なくても、必ず何かのレベルが上がっています。

これは絶対です。

 

大変だと思う事を乗り切ってみましょう。

その嫌な思いをした分、必ずどこかのタイミングで良い事が待っています。

これも絶対です。

 

今を楽して生きてみましょう。

その楽をした分、必ずどこかのタイミングで取り返しのつかない出来事が待っています。

これも絶対です。

 

 

頑張ってもな〜。

報われないしな〜。

やりたくないな〜。

どうなるかわからないしな〜。

 

 

私も楽をしたい人間なので、頑張れない気持ちが分かります。

しかし、これさえ自覚していたら大丈夫です。

 

「苦労なくして得るものなし」

これも絶対です。

 

 

ちなみに私が好きなことわざは、

「肉を切らせて骨を断つ」

 

です。近いものがありますね( ´▽`)

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村